LEONARD
BURKS

​GOSPEL WORKSHOP

 

 

11/23()-25()

 

11/23(金)
①10:00-13:00

②14:00-17:00


11/24(土)
③13:30-16:30
 

11/25(日)

④13:15-15:30(復習と収穫祭*)

 

 

 

《全日参加》3回のワークショップ+収穫祭 
・一般                    16,000円
ビサイド会員    14,400円
学生                      5,000円

 

 

レナード・バークス/Leonard Burks

 

アメリカで、現在のゴスペルの土台を構築し、「ゴスペルの父」と呼ばれたトーマス・ドーシー。その彼がゴスペルの発展のために年に一度開催した「NCGCC」という集いは、現在アメリカの最も歴史ある集いとなった。カーク・フランクリン、ヘゼカイア・ウォーカーなど名だたるゴスペルアーティスト達もこの集いに参加し、多大な影響を受けている。レナード・バークスは、若い頃からこの集いの中心的運営者として関わり、歌の指導、クワイア(聖歌隊)の指導を行ってきた。今ではアメリカゴスペル界の指導者として、多くのアーティストに慕われる知る人ぞ知る重鎮となっている。彼の丁寧でわかりやすく大胆なゴスペルの指導にはとても定評がある。

*「復習」は3回学んだゴスペルをおさらいする時。「収穫祭」は学んだゴスペルの歌を、参加者みんなで通して歌う一時。お客さんがいないコンサートのようなもの。

《1回参加》3回のワークショップの内1回
・一般                       4,500円
・ビサイド会員       4,000円

・学生                       1,500円

 

 

《復習と収穫祭だけの参加》
・一般                       3,000円
・ビサイド会員       2,700円

・学生                       1,000円

 

 

Keyboardist: 

WILLIE CHARLES MCMILLON, III
ウィル.C.マクミロン 3世

オハイオ州クリーブランドの牧師の家庭に生まれる。
幼少期より教会のクワイアや楽器の演奏に携わり、二十歳の時にはピアノ、オルガン、ドラム、トランペット、ベースと5つの楽器を使いこなすようになる。Sunday's Best Season7の優勝者。現在は、クリーブランド芸術高等学院にて指導しつつ、下記のようなアーティストの演奏に携わる。
Geoffrey Golden, FunkyardX, Tasha Page-Lockhart, Daniel Johnson, Douglas Miller Miranda Curtis Willis.

​参加申込み

​会場

新宿区高田馬場1-28-2 コーア諏訪ビルB1F

(1Fはヘアーサロン・セレスト)

Tel:03-6233-8097

Fax:03-6233-8093

 

OPEN :  10:00~

CLOSE : 18:00  

​問合せ